ホームページの必要性

10人中8人以上が使っている!

まず始めに2015年末の段階でインターネット普及率は82%を超えており、そのうちの7割がスマホ(スマートフォン)での使用という結果があります。

小学生以下の子供やご年配の方、全てを含めてこの数値というのは私は凄い事だと思います。
単純に老若男女の10人中、8人以上の人がインターネットを使用しているという事になりますよね?
さらにそのうち6割くらいの方が毎日インターネットを使用しているという結果が出ています。

この数値を見て皆さんはどう感じますか?
sumaho1-1

あなたも検索使いませんか?

sumaho1皆さんはスマホ(スマートフォン)でどこかへ行った時や何かを探すときなどに、近くにあるお店を検索したりした経験がありませんか?
その時にホームページがあるお店と無いお店だとどちらを選びますか?
どちらを選びましたか?
そもそも探した時に出てきてないお店がどれくらいあるのでしょうか?

探した時検索で出てこなければ選択肢にも入らないことになります。
そしてホームページがある方がどんな店なのかが判り選ぶ時に安心できると私は思います。

会社で取引先を探してる場合でもまずは複数の企業を会社名などで検索してどんな会社か調べたりしませんか?
その時にホームページでどんな会社かわかるところと何も情報が無い会社だとアナタならどちらを候補にしますか?

上位に来るかどうか、見てくれた人が興味を持ってくれるかどうかも勿論とても大切ですが、HP(ホームページ)があるか無いかだけでかなり差が出てきます。

SNSとHP(ホームページ)の役割の違い

sumaho2最近ではFacebookやLINE、TwitterなどのSNSをホームページの代わりに使っているお店も多いかと思われます。
ですが、皆さんは実際にご自身でネット検索される際にSNSでお店を検索するでしょうか?
私はSNSでお店を検索するのは少数であると考えます。
また、特定SNSでは登録者以外に詳細情報を発信できない事もあるかと思います。
これらの理由により、より多くの新規のお役様の目に止まりやすいのはHPであると感じます
勿論SNSのお店とお客様の距離の近さ、口コミの広がりはとても素晴らしく有用であり興味を持っていただいたお客様などは有効でないかと感じます。
ですからSNSとHP(ホームページ)は役割が違うんだなぁとでも感じて頂ければ幸いです。

ホームページの利便性

私が今まで作ってきて思うことは、「ホームページを難しく考えないでください。」
知識が無いから、全く知らないことだから等など、どうして良いのかわからないのが普通なんです。
最初はホームページとは自分の会社やお店、商品を宣伝する為の広告だったり名刺みたいな物を世界の誰でも見られる場所に置いておく為のものだとでも思って良いと思います。

勿論ホームページを作る際にはお客さんの要望とご予算に合わせて
検索で上位に行ってもっとお客さんを増やしたい
もっと商品を売れるようにしたい
新商品とか知ってもらいたいのでブログ機能が欲しい
スマホ(スマートフォン)で違和感なく見れるホームページにしたい
自分の会社でちょっとした変更などを出来るようにしたい
など名刺の役割以外にもパンフレットやチラシみたいな物、商品を売る機能(ショッピングカート)など様々な用途を組み込んで出来るだけご要望に添えるように一緒に創っていきましょう。

長くなりましたが、HP(ホームページ)はこれから先ネット社会が進むに連れ更に必要性が上がってくると私は思っています。
正直に言いますと口コミなどで十分、地域密着で地元の人が来てくれる店だからホームページなんて必要ないってお店もあると思います。
もしHP(ホームページ)に興味を持たれましたら、お気軽にご相談ください。
sumaho1-2